死して屍拾うものなし

id:v4641sgrさん経由で図録▽自殺率の国際比較。G7加盟国では仏恥義理で日本がトップ。不謹慎ですがそりゃそうだろうなぁという感想しか思い浮かびません。
上京した折、JR川崎駅の階段を下りながら、人が押し合いして電車に乗る風景を見ました。「この人間性のなさが近代日本の繁栄の成果か」と、妙に乾いた受け取り方をしたのを思い出します。いやー、都市労働者は家も通勤も仕事もぎゅうぎゅうですからね*1。這い上がっても状況は改善しないし、一億総中流なんて状況では落ちぶれたときの受け皿が狭すぎます。
水平方向にも垂直方向にも遊びがなさすぎ。おまけにきれいに吸い上げられた税金は馬鹿みたいな使い方されるし、農村漁村からはあやしい食い物がどんどん送られてくるし。街を歩いている餓鬼はみんな馬鹿っぽいし。「そんなに嫌なら死んでしまえ」と言われると、「そうですね」と返したくなる人も多いことでしょう。
しかし、この自殺地図、ロシアあたりでは「ほら見ろ、日本は併合すべきだよ(ワラ)」などと言われそうでいやすぎます。

*1:テレビでゴーストとタウン化が進む多摩ニュータウンが紹介されていました。廃校でラジオ体操や趣味のサークルに参加している人たちが実に活き活きしています。自由に使える広場が大事なようです。人間って活き活きするための面積に下限があるんだろうなと思いました。