シャッフル入眠法

昼食後にまぶたが重くなってきたけれど、昼休みは残り15分。あるいは高速道路のSAで休憩中に何としても一眠りしたい。なにより頭がさえて寝付けない夜がある。

眠気と言うものは来るべき時に来るとは限らず、来てほしくない時に来ることがあるというなかなか困ったものです。特に現代社会は「オン」の時には頭脳明晰であることが求められ、場合によっては居眠りが社会的、物理的な死に直結することすらあります。眠るべき時には確実かつ短時間で睡眠に入る必要があります。

以前は横になっても眠れないことが多く四苦八苦していました。しかしながら、ここ数年はこのような悩みから解放されています。特に運転時中の合間の休憩や昼休みに楽に眠れるようになりました。

『シャッフル入眠法』という方法のおかげです。この方法は数年前にSNSで話題になりました。

シャッフル入眠法については以下のブログに説明があります。

 

私が利用しているのはこれの日本語版です。方法は簡単です。

  • 窓を閉めて静かにし、楽な姿勢で横たわって目を閉じる。
  • 最初に数文字の簡単な言葉を思い浮かべる。言葉は何でもいい。私の場合は近所を相鉄線が走っているので「そうてつ」を使っている。
  • 選んだ言葉の一文字目から始める言葉を1,2秒ごとに思い浮かべる。例えば「そば」「そうめん」「そうじき」「そうふうき」。その時に、その言葉の絵も思い浮かべる。
  • 一文字目の語彙が枯渇したら、二文字目に移る。たとえば「うし」「うま」「うど」「うちゅうせん」。

言葉を思い浮かべる時間間隔にコツがあるようです。私は息を吸う時に一言、吐く時に一言のペースでやっています。

効果は抜群で、ほとんどの場合二文字目で始まる言葉を思い浮かべているうちに寝てしまいます。四文字目まで行くことは稀です。

なぜこれほど効果的なのでしょうか。リンク先にヒントがあります。脳は活動レベルが一定以下になると、自動的に睡眠に入るような仕組みになっているそうです。夜や食事後、疲れたときであればなおさらでしょう。そして単純な言葉を思い浮かべるだけの作業は、ほとんど脳の活動を必要としないようです。

我々は「歩きながら話す」といった並行作業ができますが、「言葉を考えながら言葉を考える」といった並行作業はできません。一つの機能につき、一つの仕事しかできないわけです。なので、「言葉を処理する」「画像を処理する」という脳にとってかなり負荷になりそうな機能に簡単な仕事を割り振ってしまうと、いとも簡単に眠くなる。という仕掛けのようです。

振り返ってみれば、眠れない時にはあれこれ取り留めのないことを考え続けたり、その日起きた気がかりなことを延々と考え続けています。そういう、何かに固執している自分の脳に強制的に簡単な仕事を割り振ってることで、面倒なことを考える能力を脳から奪ってしまう。というのがシャッフル入眠法の秘密なのでしょう。

古典的な羊を数える眠り方は、私にはあまり効果がありません。あれは多分数を数えるという仕事が簡単すぎて、数えながら別のことを考えてしまうのではないかと思います。数えるのではなく、頭で思い浮かべた羊の姿に一頭一頭名前を付けていけば、案外あっさり眠ることが出来るのかもしれません。

今週のお題

ということで、はてなブログ今週のお題「眠れないときにすること」 は、「寝る!」です。

 

台湾による釈迦頭とレンブの宣伝

中国が台湾の農産物輸入禁止を一歩進めたことで、台湾が日本の国民に直接助力を求めています。

同様の輸入禁止はパナイナップルでも行われました。この時、日本国内の反中的感情の高まりや、もともとの台湾びいきもあって台湾産パイナップルの輸入が増えたという経緯があります。

中国が超大国としての自信をつけるにつれ、米国の存在感の弱まりもあって台湾への圧力はじりじりと増してきています。同様に日本への圧力も増えてきており

「日本には平和憲法があるから大丈夫」

という70年間続いた不思議な信仰も崩れ始めています。内から見ても外から見ても、日台同盟という明文化されていない同盟関係が当然のものとして認められているようです。

という、きな臭い話は実は前置きでして。上に挙げたツイートの絵がとても良いのです。私は釈迦頭もレンブも食べたことはありませんが、いかにもおいしそうだよなぁと感じます。

当然、どの国にも固有の嗜好があり、台湾の方がおいしいと感じるものを日本人がおいしいと感じるとは限りません。とは言え、先の台湾産パイナップルの時にも

「これほどおいしいとは!」

という驚きが広がっていました*1。今回もそういった衝撃が広がるのかもしれません。

もういっそ、台湾当局CookPadに公式アカウントを作ってはどうでしょう。台湾の料理や食材の調理法をどんどん紹介したら楽しいことになりそうです。

*1:私は残念ながら食する機会がなかった

Ubuntu 21.04 の設定メモ

Ubuntu 21.10で実験的なことをいくつか行ったのでそれを含めて設定をメモしておきます。

最近の実験として大きかったのはUbuntu上でAndroidを動かすAnboxです。これによって紀伊国屋電子書籍システムKinoppyのアプリをUbuntu上で動かすことが出来るようになりました。Ubuntuができないことのうち、私が最大の不満に感じていたことが解消されました。

続きを読む

生きづらさを描く:熊倉献

戦争を知らない子供たち』という歌があります*1

1970年に大阪万博で発表された曲であり、その後日本の代表的な反戦歌として知られている曲です。しかしながら、私はこれを世代間の溝をこれ以上ないほど見事に取り上げてみせたタイトルだと思っています。

この曲の作詞者作曲者はいずれも戦後生まれです。飛来してくる爆撃機や戦闘機、巨大な砲弾を撃ち込んでくる戦艦におびえたことのない世代です。彼らの世代は、そういった経験を想像でしか知りません。彼らの親の世代は、この世代がそんな経験をしたことはないと頭では知っています。しかしながら、両者の間には形容しがたい溝があるのだということをこの曲のタイトルは良く表しています。

私は戦争を知らない世代に含まれます。一方で、私の世代はおおむね経済が右肩上がりであり、10年後に振り返れば「昔より世の中は良くなった」と多くの人が考える時代に生まれ、進学し、社会に出ました。

一方、今の若い人は生まれた時からずっと経済が退行していく様子を見ています。

*1:フォーク・クルーセイダー

続きを読む

科学は「たどっていくことのできる積み重ね」だという話

最近、科学というものの一面をよく表していると思える投稿を立て続けに見ました。

一つはある情報があったときに、それが真実かどうか調べる方法を説明した投稿でした。もう一つは学名の記載に関する古い文献を手繰ることで、よく知られている生物に学名が無いことを発見したというつぶやきです。

いずれも科学というものが膨大な知見の積み上げというだけでなく、それらの知見を後の人が参照、検証可能になっているということをよく表しています。

続きを読む