HHKBのキーマップを戻した

HHKBのキーマップをデフォルト状態に戻しました。手首の痛みが理由です。

昨年購入したHHKBは、主に小指の負担を減らすことを目的として、親指でFnキーを押すようにキーマップをカスタム化していました。この変更は結構快適で、手をホームポジションからほとんど左右にずらすことなく打鍵が可能です。

続きを読む

「諸君らが愛してくれたラジオボタンは死んだ!何故か!」「機械だからさ」

もうずいぶん前から「ラジオボタンは比喩の体をなしていない」と繰り返しています。

コンピューターのユーザー・インターフェースである『ラジオボタン』は、複数の選択肢の中から一つだけを選ぶための機能です。いったん選んだ後、他の要素を選ぶと前に選んだ要素は自動的にクリアされます。

続きを読む

Brunsviga の連結演算器

Twitterに書いたのですが、ブログに残した方がいいかなと思ってこちらにも書いておきます。

写真はJohn Wolff's Web Museumより。ドイツのBrunsviga社の連結機械式計算機です。この機械が面白いので、どう使うかを書いておきます。今風に言えば、この装置は機械式のSIMD MAC演算器です。

続きを読む

木星と土星

報じられている通り、木星土星が日没後の西の空で大接近しています。

最接近となった昨日、撮影に挑戦しました。

300mm F4EDに1.4倍のエクステンダーを組み合わせたのはいいものの、拡大鏡を使ってもファインダーの中でピントの山をつかむことができません。ほぼあきらめたところで考えを改め、望遠鏡を月に向けました。月の表面を拡大鏡で観ながらピントの山を出して再度撮影したのが下の写真です。

f:id:suikan:20201221172927j:plain

木星土星 Pentax K5, Pentax 300mm F4ED + x1.4 externder. F9, 1/8sec ISO200

輝く木星の右上に土星が見えます。

ピクセル等倍にトリミングしていますが、土星と言われれば土星、葉巻型のUFOと言われればUFOに見えますね。

下はその月。50%に縮小してトリミングしています。

f:id:suikan:20201221172236j:plain

 

心が社会に向いていない

人間が嫌いです。

集団で走るツーリングが苦手です。単車は一人だからいいのに。キャンプ場にたくさん人がいるとげんなりします。ひろしさんの「ぼっちキャンプ」が心の聖書です。

朝晩の横浜駅の人混みが嫌いでした。電車の人混みが苦痛でなりません。若いころ、1時間半の通勤が苦痛になり、帰宅途中に理由なく吐いたことがあります。「会社に行かないと不安になる」という人の気持ちがわかりません。自宅勤務のおかげで通勤の苦痛がなくなりました。

(そうだ、平日も出社しなくていいんだし、ジムは空いているのでは)

と思って、通っています。筋肉が付きました。通勤時間で浮いた時間は自宅でスピンバイクをこいでいます。8か月で7キロくらい痩せました。

COVID-19は現代社会を破壊することに完全に適応しています。おそらく、あと1,2年と言わない間に大変な経済崩壊が起きることでしょう。そういう危機の端っこで、一時的に心と体の健康を取り戻していることに皮肉を感じています。

焚火ポンチョの作り方

冬の時期に使えそうな焚火ポンチョの作り方を見つけたのでメモ代わりに。

焚火をする際、火の粉が防寒ウェアを焦がすため難燃性のアノラックやポンチョを着ます。ところが、これが恐ろしく脱ぎ着しにくかったり、驚くほど高価だったりでいいものがありません。みんなおしゃれを求めすぎでしょう。

そんな中、非常に使いやすそうなポンチョの自作記事を公開されている方を見つけました。ありがたいことです。

niimemori.com

冬の間に作ってみようかな。