Windows 10とのデュアルブートでUbuntu 16.04 LTSのブート時間が長くなる

昨日UEFI状態でUbuntuを起動できるようになりました。

続いて本日MSATAのSSDWindows 10をインストールしたのですが、Ubuntu の起動時間が長くなるという問題が発生しました。今まで経験したことのない問題ですので早速ログを見てみます。

cat /var/log/syslog | grep timeout

を実行すると

Aug 17 19:42:15 X230 systemd[1]: dev-disk-by-uuid-243fcc0c-249d-4b6b-bed0-1ff861b49e2a.device: Job dev-disk-by-uuid-243fcc0c-249d-4b6b-bed0-1ff861b49e2a.device/start failed with result 'timeout'.

が見つかります。

そこで "Job dev-disk-by start failed with result timeout" で検索するといくつか同じような症状が見つかりました。結論から言えば

  • /etc/fstab
  • /etc/cyrptswap

に間違ったスワップ領域が登録されていることが問題となり、90秒ほどの遅延がおきていたのでした。

fstab(抜粋)は

/dev/mapper/cryptswap1 none swap sw 0 0
/dev/mapper/cryptswap2 none swap sw 0 0

cryptswapは

cryptswap1 UUID=243fcc0c-249d-4b6b-bed0-1ff861b49e2a /dev/urandom swap,offset=1024,cipher=aes-xts-plain64
cryptswap2 UUID=6ed6192f-b18a-4158-a0f7-5264e51058fe /dev/urandom swap,offset=1024,cipher=aes-xts-plain64 

でした。

cryptswap1が怪しいですね。もともと勝手に作られていたswapも不要ですのでこれらはすべてコメントアウトしました。スワップパーティションも削除しています。

以上で起動時間の問題は解決しました。

『七人の侍』

映画『七人の侍』を観ました。これは4Kリマスタリング版を2週間毎に上映している『午前十時の映画祭』という企画の一環として上映されているものです。実は先月『用心棒』を観て、あらためてその作品のすばらしさに感銘を受けたので、『七人の侍』もぜひ、と考えて見に行ったのでした。

で、その結果ですが、打ちのめされるほどの衝撃を受けて帰ってきました。素晴らしいの一言です。

続きを読む

北海道の鳥

先週北海道に骨休めに行ってきました。

あいにくといってよいのか出発時は東京も横浜も低温。北海道も天気はすっきりしない日が半分ほどでした。おまけに帰ってくると横浜は30度超え。なんのために休みをとって北海道に行ったのか多少疑問がのこりますが、今回はフットパスを歩くことに重点を移した旅行であったので快晴よりも歩きやすく、その点はありがたかったです。

続きを読む

『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』

イタリア映画『いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち』を観てきました。

ほんのわずかな映画館でだけ上映されているのですが、日本の貧相な科学技術政策に翻弄される研究職の間で話題になっているようです。ツイッターのタイムラインでも何度か見かけたので気になっていました。

続きを読む