SV650納車

25年乗ったKawasaki GPz900R Ninjaに別れを告げ、Suzuki SV650 ABSを購入しました。本日納車です。

 

Ninjaについては最近は所有しているだけで乗っているとは言えない状態が長く続いていました。ちょっと気分を変えて乗るぞ!となったのですが、それはそれで以前より取り回しの重さが気になります。もちろんNinjaが太ったわけではなく私が弱くなってきたのですが。

25年乗ると流石にガタが来始めている、ということもあります。割と細かい路地だのアップダウンだのに入り込んでいく私の乗り方が、ちょっとNinja向きじゃないというのは以前からありました。そこでいろいろ考えた結果、買い換えることにしました。重さゆえの安定感やあらゆる状態で右手をひねれば必要な加速を得られると言った安心感は惜しいものの、まぁ仕方ない話です。

さて、新しく我が家にやってきたSV650。ヨーロッパでは下駄代わりとしてたいへん好評だそうです。

乗ってみると、びっくりするほどスリムで軽いです。そりゃそうです。Ninjaが4気筒であるのに対してこちらは2気筒、燃料満載状態で50kgも軽いのですから。乗車姿勢が殿様乗りで、まだ多少の違和感があるのは慣れるしか無いでしょう。

残念なのはリアフックがないことです。なんと、シート下に隠れているストラップを引き出して使うことになっています。これ、10年とか使って大丈夫でしょうかね。積載崩れとかおきたらいやだなぁ。そのうちまたキャンプやりたいな、などウキウキしていますが、この単車は積載が課題です。

私がNinjaという竜宮城で遊んでいるうちに、世の中はインジェクションが当たり前になり、チョークもコンピュータ制御で不要、Suzuki車はイグニッションワンタッチでエンジンをかけてくれるようになっていました。コンピュータすごい。

取り回しの楽になった単車で、今年はもっと外に出て見ようと思っています。