WEBページの幅

随分前のブログブームの頃、「ページ幅は1024pixel固定にしようぜ」という動きがありました。異なる画面の幅に対応できいるのはHTML文書の強みですが、もちろん限度があります。であれば、デザイナーの都合で1024pxに固定し、その分よりよいデザインを提供しようと言う考え方です。
どうやら今でもその考え方は残っているようですが、もし、デザイナーが「よりよいデザイン」を考えているなら、幅を狭くするべき時だと思われます。というのは、1024pxでは広すぎるのです。
話は簡単です。Windows 7のAero Snapを使うと、ブラウザの幅が画面の半分になります。Full HDサイズのディスプレイの場合、これは990pxです。ですから、これより小さくしておかなければきちんと表示されません。Full HDサイズはテレビとの整合性の良さもあって、しばらく主流にとどまると思います。対応する価値はあると思うんですけどね。