ネジ頭を舐めたらネジザウルス

ネジの頭を舐めてはいけません。
これは常識です。ネジの頭を舐めてしまうと、金輪際ネジを外せなくなります。しかし、そうは言ってもネジの頭は舐めてしまうもの。さびたネジを抜こうと力を入れるうちに舐めてしまうことはままあります。
家電製品ならまだしも、家の建材でネジの頭を舐めてしまったときの絶望感は相当なものです。(ひょっとして職人呼ぶしか無いか)と肝を冷やした人も多いかと思います。実際、こんな事を書くくらいですから私も頭を舐めてしまいました。どうしましょう。

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

エンジニア ネジザウルスGT PZ-58

我が家ではすっかり恒例になった「開かなくなる雨戸」。今年も修理しようとしたのですが、雨戸のレールを固定しているネジが固く、やっちまいました。途方に暮れて固いネジの抜き方を探していたところ、見つけたのがこの製品です。発想の転換ですね。
「ドライバーで回せないならペンチで回せばいい」
ネジの頭をつかみやすいように工夫されたペンチです。藁にもすがる思いで買い求めたのですが、やってみたら気抜けするほどあっさりとネジを回すことができました。
年末年始、古いモノを相手にお困りの方にお奨めです。