「すざく」のヘリウム喪失事故の報告書

報告書が出ていますが、書きそびれてました。内容は実に興味深いです。極微量、想像するのが難しいような微量のヘリウムが衛星内に蓄積し、その結果熱暴走が始まる驚くような過程がわかりやすく説明されています。全く驚きです。
ASTRO-Fすざくはどちらもヘリウムを使った冷却装置を持ちますがその構造は大きく異なります。また、すざくの事故の直接の原因となったヘリウム排気場所に関する設計ミスはASTRO-Fにはありません。
原因はわかりましたしASTRO-Fに影響は無いのですが、技術の共有はどこでも困難が多いんだなと、他人事に思えない話です。
ところで、人工衛星にいつ命名するか、JAXA統合後もばらばらなんですね。根が深そう。