Walkmanをリフレッシュ中

買って一年になるWalkman Z。
当初はAndroid機としても使っていましたが、Nexus 7を買った今は純粋なオーディオ・プレイヤーとして使っています。しかし、せっかくのAndroid WalkmanなのでThrow機能を使ってみました。
Throwは、DLNAを使った遠隔再生機能です。DLNAは随分前にマイクロソフトなどの会社が広めた宅内ネットワーク配信規約ですが、ver 1.5から少し面白い機能が追加されて、タブレットなどの端末から使いやすくなりました。以前はコンピュータとPS3くらいでしたが、今ではテレビやBDレコーダーにも広く採用されています。
このThrow機能を使うと無線LAN越しに大きなスピーカーを持った装置で再生することができます。具体的には私のデスクトップPCです。WindowsのMedia PlayerはDLNA 1.5に対応しており、ファイル・フォーマットさえ適合すれば宅内にある別のデバイスからリモート再生を行うことができるのです。そこで、これを試してみました。
数日間の紆余曲折があったものの、最終的に以下の条件を守れば音楽をThrowできることがわかりました。

このアプリはWalkmanの純正アプリですが、これを使うとThrowできません。サポートに確認しましたから間違いありません。
何だかなぁ、という結果ですが換わりにSony Computer EntertaimnentのMedia Goを使ってファイルを再転送中です。ついでに高解像度のWalkman Zに併せてアルバム・アートもいくらかアップデートをかけました。転送にべらぼうに時間がかかっていますが、夜半過ぎには完了する予定です。