ようやくThinkPad x100eにUbuntu 10.04をインストールできた

いやもう、えらい苦労しました。
ネット上の情報では皆さんそれなりに問題を抱えつつもインストール自身はうまくいっているなか、どうして私のだけインストールできないのか。インストールが完了しても再起動中やログイン中にフリーズするのはなぜか。ずっと頭を抱えっぱなしでしたが、今日、とうとう原因を突き止め、解決に至りました。現在、ThinkPad x100e上のUbuntu 10.04で書き込みを行っています。で、その原因ですが、

ACアダプタを引き抜いた状態ではフリーズが頻発

することが原因でした。
私のx100eでは以下の手順でインストールができました。

  1. ACアダプタから給電する
  2. Ubuntu 10.04をインストール
  3. Ubuntu 10.04を起動し、アップデートをかける
  4. Using the Realtek 8172 and 8192se Wireless Controller with Ubuntu 9.10 [Linux Wiki Guides]にしたがって無線LANドライバをインストールする
  5. システム -> 設定 -> ハードウェア・ドライバから、FGLRXドライバをインストールする

これでACアダプタを抜いても大丈夫になり、サスペンド、輝度調整、音量調整もキーボードから行えるようになります。それにしても、こんなことが原因とは。ACPIまわりに問題がある事は調べて分かっていたのですが、だからといってACアダプタを抜くと問題がおきるってのは思いつきませんでしたね。言われてみれば、そりゃステートが変わるなとは思いますが。
ネットブックは好きな場所で使うという行動様式が体に染み付いてしまっていたため、電池でインストールしたのが敗因でした。
追記:上の手順で鍵となるのはFGLRXドライバです。これをインストールすると問題が一掃されます。