サンプルを組んでみました

先日注文した本が届いたので、最初のほうをざっと読んでみました。で、ダウンロードしておいたVisualC++ 2005 Expressをインストールして早速試し切り。

ひと目でわかる VISUAL C++2005アプリケーション開発入門 (マイクロソフト公式解説書)

ひと目でわかる VISUAL C++2005アプリケーション開発入門 (マイクロソフト公式解説書)

最初のほうを読んでこれまでもやもやしていたものがさっぱりしました。

  • プロジェクト生成時にCLRアプリケーションを選ぶと、.net frameworkの中間コードプログラムが生成される。
  • CLRアプリケーションは、C++/CLIだろうがVBだろうがC#だろうが共通のGUIフレームワークを使う
  • C++/CLIのフォームデザインは、Delphiと操作感が似ている。

まだ複雑なフォームを作っていませんから最終的な判断は下せませんが、それほど違和感は感じませんでした。
なお、コードの品質に関しては、批判されていたとおりメソッドの実行部を.hファイルに書かせるようなテンプレートが出力されます。これはみっともないです。保守性に関しては気をつけて書かなければならないようです。
ごく単純なアプリを組んでみましたが、Windows Vista / Windows 2000の双方で動作しました。