表面的な本

失敗しました。内容のほとんどは画面操作の方法に終始し、考え方の説明がごくわずかしかありません。そのため、読後に得た知識を演繹的に活用するにはかなり苦労しそうです。
操作方法の説明を解説することは批判しませんし需要もあるとおもいますが、基本的な理念を説明しないと応用力のある知識として身につきません。
それからこの手の本にありがちですが、無駄に分厚くて邪魔ですね。CQ出版などを見習って薄い紙にしてほしいものです。電車で読むのも重くて苦痛ですし、流通在庫の保管費用も馬鹿にならないでしょう。