電気用品安全法

この4月から順次猶予期間が切れて施行に入る電気用品安全法。「アネハを生んだ規制緩和と同じ」という怒号が吹き荒れています。しかしながら、東アジア諸国から、品質の低い電気製品がどんどん流れ込んでくるようになった今、きちんとした抑止力が必要なのは確かで、製造業や輸入業者に重い罰金を科すというこの法の理念には賛成です。
納得いかないのは、中古品の再販です。PSEマークのない製品の再販はまかりならんと言っていますが、これに関してはいちゃもんといわれても仕方がないでしょう。〒マーク付の製品を排除することには納得できません。
一方で、過去少量輸入されたものなんかに関してはきちんとした安全性を国内の基準に照らし合わせて証明できないわけで、それらが規制されるのはやむなしと考えています。