自動販売機の付加機能

そう言えば、最近は大画面LCD付きの自動販売機があって、コーヒーを抽出している間、そのイメージアニメーションを見ることができます。次世代自動販売機は全面LCDになるとか
それで思い出したんですけど、自動販売機って、なぜカスタム化できないんでしょう。金とってカスタム化できるようにすればいいのに。いい年して響子さん離れできないおじさんとか、ミサトさん離れできないおじさんたちは喜んで「がんばってくださいね」とか「サービスサービス!」とか言う効果音に10円払うと思うんですけど。SuikaとかEdyはちょっとした個人情報記録できるそうですから、がんばってこういうカスタム設定保存できるようにしたらいいと思うんですよねぇ。
かつて声優の声でいちいち動作状態を報告するネットワーク・ハブだかルーターだかがあって、デモを見ながら「こんなのがオフィスにあったら嫌だなぁ」なんて思いましたが、夜中の自動販売機くらいだったらアリなきがします。
まぁ、萌えの需要がそこまであるかどうか知りませんが、ガンダムの台詞あたりならぐっと市場が広くなる気がしますけどね。コーヒーを抽出している間、一人でギレン・ザビの演説聴くとか、結構ウケるんじゃないですか?あと、缶コーヒー買うときに余分に10円払うとランダムで「脚なんか飾りですよ」とか「ぶったね、とうさんにも(ry」とかが動画付きで流れて、「坊やだからさ」だったらあたりでもう一缶とかどうでしょう。
アニメとか芸能界とか、パチンコに一生懸命コンテンツながすより、こっちのほうがよっぽど品がいいですよ。
馬鹿話ついでに話がそれますが、10年ちょっと前、携帯電話メーカーの開発部隊に『「センチメンタル・グラフィティ」と提携して12人分のキャラクター電話を作り、ランダムに混ぜておくと、携帯電話の大人買いならぬ大人契約をする奴がたくさん現れるはずだ』って提案をしました。当然季節ごとにイラストを変更し、体育祭、文化祭、海水浴、スキーとスペシャルイベントごとに12バリエーションを出せば開発費ほぼ無料で馬鹿売れというアイデアは、腹抱えて笑ってもらえましたが、採用してもらえませんでした。今ならどうでしょう。エヴァ携帯苦戦してたみたいだし無理か。
自動販売機のあたりでADBの握手券出したらどうでしょうね。