デジタル一眼レフってのは、レンズ付きフィルムと同じだってのがわかってないらしい

誰がって、ペンタックスがです。じゃないと、リモコン端子なしのデジタル一眼レフ製品を延々と出しているはずがありません。
フィルムカメラの頃は、機能はボディー、写りはフィルムに分けて組み合わせることができました。しかしディジタル一眼レフはそうはいきません。ボディーを買ったらそれにくっついているイメージセンサーと心中です。
ペンタックスの昨年のモデルはK-7が上位、K-xが下位という布陣でした。ところが、高感度特性はK-xのほうが評価が高かったのです。「K-7のボディにK-xのセンサーがついていれば」などという声まで聞こえました。
ペンタックスは「このカメラが狙っている層は初心者層なので統計によるとこの機能は」などと判断しているとしか思えません。そういうのは家電メーカーのやることです。マウントで機種を選ぶとしてたった二機種しかないのに、さらにその機能を細分化するというのは本来はおかしなことです。最低でも撮影の基本に関わる部分は同じにしてしかるべきです。
もうちょっとカメラメーカらしい考え方はできないものでしょうか。