動物園

連休出勤二日目。
前回の出勤時に昼飯にファミレスにいったら、子供がうるさくて動物園状態。うんざりしたので今回はラーメン屋に行きました。ラーメン屋が動物園ってことはないでしょう。
動物園でした。
赤ん坊が絶叫。泣いているんじゃなくて延々と絶叫。おぎゃぁおぎゃぁじゃなくてギャーッギャーッという、傍から見ても拒絶感たっぷりの泣き声。
それが延々と続きます。何分も何分も。割と広めのはずの店が、完全にその絶叫に支配されています。たまりかねて親のほうを見るのですが、すでに店中からびしびしと非難の視線を浴びているにもかかわらず、母親は困ったような薄笑いをしてあやしているだけ。困ったわ、この子ったら。私が悪いんじゃないの。とでも思っているのでしょう。
あんたが悪いよ。
店の外はいい天気。寒いでもなく、暑いでもない。駐車場があるから車が怖いわけでもない。ちょっと店からでてあやせば済むこと。席を立って店の外であやすのと、店中の客に絶叫を聞かせるのを両てんびんにかけて「他の客を犠牲にする」結論を出したのはあんたじゃん。
親であるあんたが悪いよ。