待合場所のテレビ

自慢じゃないですが、神経質です。もー、あっちでいらいら。こっちでいらいら。
中でも特にイラつくのが待ち会い場所のテレビ。空港のゲート周辺にあんなでっかいテレビイランでしょう。大きいならともかく、そのばかばかしい大音量。その場にいるひとのすべてにはっきりとテレビの音を聞かせなければいけないとでも思っている人がいるんでしょうか。しかも飛行機を使うのはたいてい朝と夕方です。朝のくっだらねーバラエティ番組とやらのうるさいこと。昼は昼でまた、バカ番組。関空で流れていた明石屋さんまの大音量馬鹿笑話には殺意を覚えましたよ。
で、そんなうるさいテレビのある場所の椅子を見るとテレビの周囲をぐるっと囲む様に空き席が。うるさいからみんな座りたくないんです。
アホか。
毎朝テレビのスイッチを入れて
「よし、これなら隅々まで聞こえる」
と音を大きくするのが仕事の人がいるんでしょうか。あー、いやだいやだ。最近のはてなの流行りは差別云々ですが、私はテレビの音を大きくする人は軽蔑しますね。侮蔑も差別もしますよ。
私は人が少ないときには断って待ち会い場所のテレビの音を小さくしています。いままで音を小さくするなと言われたことはないです。
酔漢@待ち会い場所