導入支援装置の校正にM42を使いましたが、あまりのひどさに唖然としてしまいました。33倍でも星雲の広がりがほとんど認識できません。トラペジウムは分離できますが、透明度の悪い空に東の駅の明かりが反射しているためか、ガスが背景に溶け込んでしまっています。
導入支援装置に関しても問題が見えてきました。高度を測るスラントルールが気泡式のため、収束に時間がかかります。収束時に振動しないのが利点ですが、過制動状態でどうしようもありません。