コア電圧を下げてみた

ThinkPad x100eのAthlon Neo MV-40は高負荷時にPLLの逓倍率がx8、低負荷時にPLLの逓倍率がx4です。いずれの場合もコア電圧は1.0Vです。排気温度やキーボード温度が高いので少し電圧を下げてみることにしました。
使用したのはRMClockというツールです。だいぶ前に更新が止まっていますが、使ってみた感じでは問題なさそうです。
x8のときに0.85V, x4のときに0.725Vに設定したところ、キーボード温度、排気温度とも下がりました。高負荷時に熱くなるのは相変わらずですが、アイドル時間が長い使い方をするのでしばらくこの設定で使ってみます。