結局Brooklineという街に決まりました。月額はあごがはずれるほどの金額ですが、会社内部で何の問題もなく口頭で通ってしまうあたりが外資のすごいところです。あとで難癖つけられないことを祈るのみです。
なんにせよ、これからエキスパットの社宅に口を挟むことはできそうにありません。
住居は基本的な家具がついています。