政府配布マスクは愚策ではなかったと考えている

テレビが「アベノマスク」という言葉を使い出したときに、ひどくうんざりしたことを覚えています。

言うまでもなくアベノマスクとは政府が全住所一斉配布を打ち出した布マスクのことです。私はアベノマスクという言葉に「政府をあざ笑う賢い私」というひどく下品な態度を感じるので、この言葉は使っていません。

このマスクに関しては

「そんなものは意味がない」

と絶叫するような声が世間に満ち溢れるなか、やれ、不良品があったのどうのと例によってヒステリックな反応があり、全回収などやった末に最近ようやく配布が完了したとのこと。

さて世間はともかく、私は一定の評価をおいています。

  1. 施策が発表された際には、高齢者による買い占めが全国ではびこっており、使い捨てマスクに関しては完全に払底していた。
  2. 一方で、マスク着用に関する意識が十分に高まっていなかった。

ようするに「マスクをしてください」「売ってねぇんだよ」というやり取りがされる中、先行きが見えない中で不安とリスクだけが高まっていた時期でした。そんなおりにある時期から先に全世帯に一定の数のマスクがあることを保証したわけです。

一般に日本は「政府はバカで国民はしっかりしている」とされますがもちろんそれは「日本すごい」的な幻想です。政治家は国民が選ぶのですから、政府の質は国民の質です。

311の買い占め騒ぎのときにはっきりと表面化したように、この国の社会は少数の利己的な人々の行いで簡単に機能不全になります。今回も、多くの労働者がマスクを得られずに困っているのを尻目に年金生活者が朝から薬局に並んで入荷する端から買っていくという問題が指摘されました。

高齢者の致死率が高い病を抑えるために厳しい自粛が要請され労働者が次々失業しているわけですが、当の高齢者がマスクを買い占めて労働者層を苦しめていたのですからバカバカしくてしかたありません。

ともかく、マスクがない状況が続いた中で政府がマスクを全戸配布すると宣言したのはよいことでした*1。早い時期に「全国にマスクが行き渡る」ことを保証したのは画期的です。

新型の大規模感染症に対する対策は先が読めないのが難しいところです。こういうときこそリーダーシップが問われます。一方で、結果が「あたりだったかはずれだったか」という博打になるのは仕方のないところで、その点はあとからきちんと評価をして将来への知見としてまとめなければなりません*2

「1世帯4人の家もいる」

などという声もありましたが、それこそ回覧板なり町内会で余っている家庭と融通し合えばいい話ですが、SNSを賑わしたのは

「俺はアベノマスクなんか使わないね」

という、はやりのイキりばかり。まったく我が同胞のご立派さには感心するばかりです。いつまで国のおっぱいを吸っているのやら。

感染症対策は難しい点が多いです。以前から言っているのですが感染症対策は本質的に全体主義的であり「自由」とは相性が悪いです。ましてや、「公徳心」をあざわらい「身勝手」が我が物顔で跋扈するようになった我が国では、予防注射の例をひくまでもなく対策が困難です*3。さらに、「科学に依拠する」「リーダーシップをとる」ことと結果が直結するとは限らず、政策評価と結果評価を分けて考える必要があります。

そんな中、何もかも後手後手で「問題が消えてなくなるまで頭を低くしたい」という姿勢が目立った我が国のCovid-19対策の中で、マスク配布だけは評価に値する発表でした。

 

*1:調達方法には不透明な点があり、この点は追求しなければならない

*2:西村康稔経済再生担当相が、今後の感染症対策の検討に不可欠なまとめもせずにいきなり政府の専門家会議の廃止を発表しました。暴挙・愚挙としかいいようもありません

*3:中国があっさり制圧し、アメリカを始めとする西側諸国苦しんでいる事が象徴的