Ricoh DR IIIの ImageSync ユーティリティ

Ricoh DR IIIを購入して1年くらいになります。

さっと取り出してぱっとスナップが撮影できるうえに、撮影したスナップが高画質という大変満足度の高いカメラで、単車に乗るときにはレッグホルスターに放り込んでいます。

 

ImageSyncユーティリティもv2.1.0になってからは安定動作しています。現在カメラのファームウェアはv1.3.1で

  • 電源オフの状態からBluetoothで接続し、起動してWiFiにスイッチする
  • ImageSyncユーティリティでプレビューしながらシャッターを切る

といったアクロバティックなことができます。

プレビュー機能は低遅延で、ほぼリアルタイムです。DR IIIのファームウェアを自宅のネットワークにつなぐように変更して、PC用のプレビュー・仮想カメラ変換ソフトを開発すればWEBカムになると思うのですが、メーカーに多くを求めすぎですね。

WEBカムは在庫が復活しつつありますが、

  • デジカメをWEBカムに使う
  • スマホをWEBカムに使う

という高画質のハックが知られてしまったので、低価格WEBカムにはかえって厳しくなったかもしれません。