ウィンドスクリーンを装着

SV650にウィンド・スクリーンを装着しました。

先日のように短い距離を走る分には特に問題ないのですが、やはり四六時中風が当たり続けるのと体力を奪われます。最近こればっかりですが、もう歳ですから。

 

ということで、MRAのウィンドスクリーンを装着しました。

 

 スクリーンは写真のように、ハンドルを固定している4本のうち2本のボルトを外し、そこにスクリーン固定用のクランプを装着します。ただ、下の写真はメーカー指定の方法とは違います。

メーカー指定の方法では、利用するのは向こう側のボルト2本ではなく、手前側のボルト2本です。また、写真ではクランプが内向きですが、メーカー指定の方法では外向きです。ではなぜこうしたかというと、納車時につけてもらった左側のシガー・ソケットに干渉するからです。ハンドル周りは他にもETCのディスプレイがあったりでごちゃごちゃしており、如何ともしがたい情況です。こういったアクセサリをマウントするバーまで売っているのですが、それをつけるとキーを回しにくいという始末です。ともかくしばらくはこれで行きます。

スクリーン側はボールジョイントをボルトで締め上げる構造になっており、思いの外ガッチリしています。

f:id:suikan:20190430133543j:plain

ハンドル周り

横から見ると、スクリーンとメーターの間がどうなっているのかわかりませんが、ゴムのブッシュがあり、擦れないようになっています。写真は、スクリーンのヘリの保護チューブをつける前です。

f:id:suikan:20190430133634j:plain

完成