イスラエルのタクシー事情が激変していた

そういえば先月イスラエルに出張がありました。

ホテルからオフィスまでは1.5km程度で歩ける距離ですが、今回は事情あってタクシーを呼びました。タクシーはホテルのドアマン*1に呼んでもらいます。これは過去も必要に応じてそうしていました。20年ほど前はタクシーがホテルに常時数台いましたし、最近でも呼べば10分程度で来てくれました。

ところが今回は、45分!

うそでしょ、私は余裕を持って15分前に呼んだのに。次の日30分前に呼んだら1時間待ちました!

結局イスラエル、というかヘルツェリアでは「ホテルのフロントにタクシーを呼んでもらう」というワークフローが急速に崩壊してしまったようです。現地はGettと呼ばれるアプリが人気で、みなこれを使っているとのこと。

play.google.com

試しに使ってみたら、なんと5分もせずにタクシーがホテルにやってきます。事前にやってくる車のナンバーもわかりますし、決済は現金でもカードでもOK。チップは乗車中に変更できますので運転手も概ね丁寧です。なにより空港に行くために現金を用意する必要がありません。

帰国後オフィスで同僚に話しましたが、みな

「こいつ興奮して何言ってるんだ」

という表情。ところが、その後出張に行った同僚が帰国後開口一番

「あのアプリすごいですね!」

と話していました。迎車に向かっている車の位置もリアルタイムでわかりますし、やはり便利なアプリです。

それにしても、GETTが便利なのはともかく、そのために崩壊している無線配車サービスを誰もテコ入れせず放置しているというのはどういうことでしょう。バカを見るのは知らない旅行者だけです。

なんというか、この雑なところは20年前から変わりませんね。

*1:でいいのかな