Thinkpad x230からUEFIでUbuntu16.04を起動する

Thinkpad x230でUEFIモードを使ってUbuntu 16.04 を起動できるようになりました。
できなかったのかよ!という声がありそうですが、ええできなかったのです。Thinkpad x230のそのへんのめんどくささは挑戦者の間では有名です。


 参考にしたページはこちらです。
medium.com

実際に行うべき作業は、この方のブログにあるように

mkdir /target/boot/efi/efi/boot
cp /target/boot/efi/ubuntu/grubx64.efi  /target/boot/efi/efi/boot/bootx64.efi

なのですが、こちらはUbuntu 12.04であることから私の場合と少し違います。以下はメモ代わりの記録です。
まず、インストール後にリブートせずターゲットディスクをマウントしておく必要があります。リンク先ブログでは当たり前のように省いていますが、戸惑う人もいるでしょう。コマンドライン・ウインドウを開いて以下のようにマウントします。私の場合、/ (/bootを含む)がsda2でしたのでsda2をマウントしています。

sudo mount /dev/sda2 /target

その上で調べたのですが、まず、リンク先でいうようなgrubx64.efiが見つかりません。仕方ないのでgrub.efiディレクトリ・ツリーの中から探しだして /target/boot/efi/efi/boot/bootx64.efi としてコピーしました。
これで作業は終了です。
再起動後、無事にUEFIからブートできました。UEFIブートローダの名前が違う上に、ディレクトリもどこか違うところにおいてあることがThinkpad x530でブートできないことの理由のようです。なぜこのような事態になっているのかはよくわかりません。