読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さらば省電力マネージャ

いつの間にかLenovoがx230iで Lenovo Settings による充電制御を提供していました。
LenovoのThink Padには省電力マネージャというツールがあり、充電停止レベルと充電開始レベルを設定できていました。Li-ION電池は100%充電状態に長く置くと、急速に劣化します。一方で自己放電が小さいため、充電した電気が長持ちします。
そのため、省電力マネージャを使うと、AC接続時に「80%まで充電すると、あとは充電をやめてACだけ使う」という使い方が出来ます。これはバッテリーがとても長持ちするため、世界中のThinkPadユーザーに愛されていました。ところが、Windows 8からはこのサポートが打ち切られました。Lenovoは公式に「Windows 8のバッテリー管理は優れているのでこの機能はいらない」と繰り返し言い続けましたが、Microsoftはそのような充放電制御があるなどとは一言も言いません。
結局、日本のみならず外国でも「何とか省電力マネージャを動かせないか」と各種の努力が続けられました。不毛なことです。ちなみに、Linuxには専用ツールがあります。
さて、私も無理矢理Windows 7用の省電力マネージャをWindows 10で動かしていましたが、とうとう不具合が起きてきました。仕方ないので新たな情報を探したところ、なんと、Lenovo Optionsが充電制御に対応しているとのこと。
早速情報をあつめてLenovo Optionsをインストールしたところ、拍子抜けするほどあっさりと充電制御を実現できました。
この四年半、結構な頻度でx230iを使っています。予備のバッテリーと交互に使っているとは言え、へたりを全く感じないのは省電力マネージャのおかげでしょう。無理をさせて使ってきましたが、これからはLenovo Optionsで安心して使い続けることが出来ます。