Windows 10 へのアップグレードでホームグループがおかしくなったときの対処方法

Windows 7/8.0/8.1 からWindows 10にアップグレードした場合、それまで使っていたホームグループに障害がでます。

家庭内の2台のPCをWindows 10にアップデート、共有設定を完了させました。
1台のPCのホームグループ設定メニューで”今すぐ参加”を選択すると、”パスワードを検証中”となり、その後”パスワードを入力してください”となります。
しかし、パスワードがわからないためホームグループに参加出来ません。
もう一台のPCで作業しても同じ現象です。
Windows7の時は、コントロールパネルから”ホームグループパスワードを表示または印刷する”のメニューがあったのですがwindows10ではなくなったようです。

ホームグループは管理用PCからいつでもパスワードを表示できるのですが、その機能がWindows 10へのアップグレードで壊れてしまいます。しかも新しいホームグループも作ることが出来ませんので、古いホームグループを捨てて乗り換えることも出来ません。この問題は日本のマイクロソフトのサイトを見ても解決できませんでした。
結局、海外のサイトを検索してわかったのは以下の方法です(情報元失念)

C:\Windows\ServiceProfiles\LocalService\AppData\Roaming\PeerNetworking の中身を全部消す。

リスタート後に新しいホームグループを作ることが出来ました。新しいホームグループのパスワードは直ちに自分が決めたパスワードに変更しました。