襟裳岬のラーメンが旨い

今年の北海道旅行では、襟裳岬に脚を伸ばしました。
大変ラーメンが美味しかったです!
襟裳岬は15年ほど前に単車で行ったときの印象が悪くて、その後北海道旅行のルートに上がることはありませんでした。何しろそのときは駐車場の土産物屋が延々とスピーカーで森進一の『襟裳岬』(とあと一曲)を流しており、
「遠回りしてきたかいがなかったな」
という残念な印象ばかり強い所だったからです。
さて、いっぽうで家内は襟裳岬に行ったことがなく、では今回は行きましょうということになりました。加えて、「襟裳岬に美味しいラーメンがある」との情報を得ていましたので、そちらも確認です。
結論から言えば、大正解でした。以前のような大音量の森進一は流れておらず、駐車場から岬までは落ち着いた気持ちで過ごすことができます。また、噂の『食堂むてき』*1のラーメンは、話に聞く以上に美味しく感じました。豚骨好きの私はラーメンというとこってりというイメージですが、出てきた海鮮ラーメンは塩味。テーブルに置かれた段階で、すでに海産物の淡い香りが胃袋をくすぐります。味のほうも、旨みがちゃんと出ているのにさっぱりとしたしつこくない味になっていて、なんというか、
「塩ラーメンってこんなに美味しかったのか」
という純粋な感動がありました。土産物屋さん併設の食堂って、普通味を期待するところじゃないんですけどね。
襟裳岬は、岬絵のアプローチも起伏に富んだ緑に覆われた土地になっており、大変美しいところです。
お勧めですよ。

*1:google mapsで検索すると正しい位置が表示されない。食堂むてきの正しい場所はここ