ソニーのレンズだけデジタルカメラ

先日発表された、ソニーの「レンズだけ」デジカメのレビューが掲載されていました。

このカメラは、ボディがなく、レンズにそのままイメージ・センサ、信号処理部、バッテリ、Wi-Fiを埋め込んでいます。ビューワはなく、スマートホンを使う発想です。ソニーらしいですね。
さて、使い心地は上のレビューによれば「Wi-Fiが混んでいる所では使い物にならない」ようですが、逆に言えば、Wi-Fiが混んでいないところでは問題にならないわけです。
山とか。
リモートアプリを使えば、望遠鏡にマウントしたカメラをスマートホンで制御できますので、シャッターブレなしで撮影が可能です。マウント方法に不安が残りますが、画質が妥当ならトライする人も多いのではないでしょうか。
下位のQX10は、センサーの小ささを生かして、お月様の撮影に挑戦すると面白いかもしれません。センサーが小さいほうが明るく写るので、高速シャッターで大気によるブレを排除できるんですよね。
電池の持ちなんかが気になりますがちょっと面白そう。