ThinkpadにBluetoothモジュールを追加

Thinkpad x230iにBluetoothのモジュールを追加しました。
私のThinkpadAmazonで買った格安モデルなので、Bluetoothがついていません。普段は使わないので特に困りませんが、組み込み基板の実験に使いたくなったので、Bluetoothモジュールを追加しました。
Thinkpad用の純正Bluetoothモジュールは比較的広く流通しており、探せばヤフオク楽天市場で買うことができます。どこで買ってもLenovo純正であれば当然TELECの審査は通っており、安心して使えます。私はThinkPadなグッズの部屋で購入しました。取り付けねじが付属しますので作業が煩わしくありません。
写真はThinkpadと購入したモジュール。小さいです。

作業の仕方は、Lenovoが公開しているx230のハードウェア保守マニュアルに従って行います。Thinkpadは各部がモジュール化されており、標準的な部品を使い回す設計なので、こうしてカスタマイズしやすいのが特徴です。
下はThinkpadを開けたところ。キーボード手前のパームレストの右側部分です。黄色の円板がバックアップ電池で、その手前にある小さなソケットが、Bluetoothモジュールの収まるところです。右側に固定用ねじのポストが立っています。

装着は簡単で、ソケットに押し込んでねじでしめるだけです。
なお、モジュール識別用のラベルはくるっと巻いてそのまま押し込むのが正しいやり方のようですが、私は破いてしまいました。あはは。

組み込んだ後、LenovoThinkvantage System Updateユーティリティを使ってドライバを一斉アップデートしてBluetoothが使えるようになりました*1
なお、当然ですがこんな改造を施せばサポートは受けられません。あしからず。

*1:定番改造解説では、OS起動後にFn+F5を押せば、すぐ使えることになっている。しかし、私のThinkpadは自分でWindows 8 proにアップグーレドしていたので、ユーティリティが入っていなかった