日食用太陽観測儀完成

先程投稿した太陽観測儀の作り方ですが、めんどくさいのでより多くの人に楽しんでもらうためにもっと単純化してみました。まずは写真をごらんください。


ダンボールに穴を開けて双眼鏡を突き刺し、その双眼鏡を三脚の雲台に輪ゴムでくくりつけただけです。こんな簡単なものでも紙の上に太陽像を投射することができます。

綺麗な円が太陽です。日没まで時間がなかったのでボール紙に投射していますが、光沢のない白い紙に投射すればもっと綺麗になります。2つの円の間にあるのは工作が面倒でできた照準用に作った隙間です。この隙間の光を2つの円の間に持ってくれば、双眼鏡の真正面から光がさしていることになります。少しずれていますが、それほど気にしなくても結構です。
このくらい簡単なら持ち運びも簡単ですね。投射用の紙をどうやって立てかけるか考えなければなりませんが、カメラバックにでも立てかけられるようにしておけばよいでしょう。