NHK 「みんなの科学」再放送。

先日、金曜日の深夜にNHK教育テレビで子供向け科学番組「みんなの科学」の再放送がありました。子供の頃、楽しみに見ていた番組です。特に木曜日の「楽しい実験室」が好きでしたが、今回再放送されたのは、まさにそれでした。
再放送されたプログラム「バケツ鉱石ラジオ」は、微かに記憶にあったような気がしたのですが、見て間違い無いと思い出しました。同調コイルがバケツボビンであることは忘れていましたが、「鉱石ラジオなのにスピーカーが鳴ってる!」と子供心に驚嘆したのをずっと忘れずにいたのです。当時小学5年生だっははずですが、ラジオの本を読み出したのは小学2,3年生の時なので、鉱石ラジオ、ゲルマラジオと呼ばれる機械にはクリスタル・イヤホンを使う事は知っていました。クリスタル・イヤホンはインピーダンスが高いので、出力が小さくても鳴るのです。そう言えば、「みんなの科学」はクリスタル・イヤホンをマイク代わりにしてゴキブリの足音の録音なんかもやってました。コンクリート・マイクみたいなものです。
今見直すと、いろいろと感慨が深いです。出てくるのはぴしっと背広を着た紳士で、放送慣れしていなくても、言葉遣いが「ございます」などと、丁寧です。また、回路図も動作原理もわからないだろう小学生に、いかに動作原理、製作方法を伝えるか工夫している様がよくわかりました。最後に放送の歴史を紹介しているのもなかなかで、昔読んだ「日本人は物事を勉強するときに歴史を学ばない。だから教科書がどれも浅薄だ」と言っていた方を思い出します。
また再放送やるといいなぁ。