Pentax K-01

PentaxがKマウントのミラーレス・カメラを発表しました。
ペンタックス、Kマウント採用ミラーレスカメラ「K-01」を国内発表 - デジカメ Watch Watch
過去の一眼レフレンズとマウントが互換でミラーレスなかめらというものは、実はあまり魅力がありません。せっかくミラーボックスがなくなったのに、過去のレンズとの互換性を保つために、ボディの厚みを減らすことができないのです。そのため、ミラーをなくした事による静粛性、連写性などは確保できますが、ボディの大きさや重量を減らすことができません。
また、マウント互換性に関しても、実は新型マウントを作った方が顧客が喜ぶことはオリンパスソニーのミラーレス機がマウント・アダプタによってレンズ・マニアにウケていることを見てもわかります。
結局の所、645レンズ、Kマウントレンズ、Qマウントレンズの3系統で手一杯で、新マウント・レンズを開発する余力のないペンタックスが出した苦肉の策がK-01ということでしょう。
でも、Kマウントユーザーとしては興味がありますよ。だって、以前掲載したように、インターバルタイマーを使えば至近距離で鳥を撮影する事だってあるわけです。そのときにはミラーを上げる音がしない方がいいに決まっています。手持ちのレンズが活用できてミラーレスなボディにはやっぱり興味があります。
今回のボディには残念なことにEVFが着いていません。レンズ着脱カメラの本当のおもしろさはマニュアル・フォーカスだと思っている私には少し残念なことです。しかし、今後の動向からは目が離せません。