BR3D-PI12FBSの起動問題

ば春に購入した内蔵ドライブですが、どうもいけません。

BUFFALO 書込み最大12倍速 SATA用 内蔵ブルーレイドライブ BR3D-PI12FBS-BK

BUFFALO 書込み最大12倍速 SATA用 内蔵ブルーレイドライブ BR3D-PI12FBS-BK

重い腰をあげて調べたところ、どうやらBDを読ませたときだけ異常に調子が悪いことが判明しました。市販のBD(映画)ディスクを入れたままでWindowsを起動しようとすると、ログイン画面前で停止して、二進も三進もいきません。これは地デジコンテンツを焼いたBD-REでも同じです。また、起動後にディスクをロードしてシャットダウンしても、電源が切れません。
一方、DVDメディアとCDメディアではこのような問題はおきません。
検索しても同じ問題は報告されていないようなので、サポートに問い合わせて交換してもらう予定です。

追記

似た問題は報告されていますが、私の場合はシャットダウンもできません。
http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000125507/SortID=12510971/

追記2

上記リンクをよく読み直して、ふとLogicool LX-8の無線レシーバーを外し、BDディスクを入れたままPCを起動してみました。問題無く起動します。これ、どこに文句言えばいいの?

解決した

思いついて、キーボード脇のUSBポートに指していたLX-8のレシーバーをPC本体に直挿ししたところ、正しく起動、終了できるようになりました。やれやれ。

解決していなかった

じつは解決したのは市販のBDコンテンツの場合で、録画コンテンツを焼いたBD-Rの場合は同じ問題が残っていたのでした。少しつついて分かってきたのは、起動できない問題は、どうやらディスクの内部をエクスプローラーが表示できない場合と直結しているようです。つまり、BD-Rに焼かれたUDFファイルシステムWindowsが読めない場合に起動時にフリーズ状態になるようです。
問題を起こすディスクはUbuntu 10.04では問題なく読み取れるため、ファイルシステムか、あるいは他のソフトからの干渉による問題のようです。
現状、CyberlinkのInstantBurnをディセーブルにすると問題の一部を回避できそうです*1
なお、このドライブはパイオニア製ですが、ファームウェアのアップデートがありません。対応するパイオニア製品にはアップデート・ファームウェアがありますが、バッファローはバージョン番号を変えているため、パイオニアファームウェアを適用することはできません。ネットで調べてみると、バッファローではよくあることのようで、「バッファロー製は避けた方がいい」という方もいらっしゃいます。何にせよ、ユーザーにメリットのない改悪です。

*1:ディスクを入れたままでもブートするし、再生もする。ただし、シャットダウンに不具合がある。途中でフリーズする。