福島第一第二原発まとめ

現場の懸命の努力にもかかわらず事態の収拾は遅々として進んでいません。

福島第一原子力発電所

今日のもっとも衝撃的なニュースは、地震当時保守点検のために停止していた4号機のプールで爆発が起きたことです。

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 現在の状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失。水位が低下した。燃料棒が損傷していると思われる。水素の爆発により建屋の上半分が崩落 セシウム等が微量漏れている 落ち着いている 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 燃料棒全体が自ら露出する事態が2度起きた。現在全長の半分ほどが露出 サプレッション・プールから一定量放射性物質が漏洩していると思われる サプレッション・プールに爆発音 一部作業員を緊急待避させることにした 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失3月13日AM2:44頃高圧注水系が停止。水素の爆発により建屋の上半分が崩落 格納容器内の蒸気放出により、少量の放出が起きている。 冷却水の水位は上がりきっていないが圧力は下がっている。固着していた格納容器の弁は圧搾空気を送り込んで開くことができた。 冷却用ホウ酸海水を注入中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 燃料プールで爆発。定期点検中で燃料を炉から出していたため、燃料はプールにおいていた。そのプールが高温になり、冷却水を失い、燃料が露出している可能性がある。 プールの覆いが爆発により壊れたため、放射性物質が漏れていると考えられている 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持   定期検査により停止中
5号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中
6号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中

福島第二原子力発電所

(8:34更新)

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 外部電源とは接続できている。炉心水位は安定している。冷温停止 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 外部電源とは接続できている。炉心水位は安定している。冷温停止 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 外部電源とは接続できている。炉心水位は安定している。冷温停止 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 外部電源とは接続できている。炉心水位は安定している。冷温停止 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止

雑感

使用済み核燃料保管プールの火災に関してはすぐに鎮火しました。また使用済み燃料も温度が低いため水さえ注入すれば問題は安定になると思われています。