福島第一第二原発まとめ

アップデートしました。

福島第一原子力発電所

3号機の冷却機能回復に関しては、外部電源車の接続と外部ポンプ車からの注水の両面から同時に試みているとのこと。1号機の水素化学爆発に至った状況に比べると、打つ手はある模様です。

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 現在の状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失。水位が低下した。燃料棒が損傷していると思われる。水素の爆発により建屋の上半分が崩落 セシウム等が微量漏れている 注入した海水量から言って格納容器は満水、炉心は安定していると考えられている 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失 炉心水位が低い状態が継続している 注水中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失3月13日AM2:44頃高圧注水系が停止。 格納容器内の蒸気放出により、少量の放出が起きている。 冷却水の沸騰により炉心水位が低下しており、燃料棒が露出しはじめている。水素が発生していると考えられている。一号機同様の爆発もありうる 圧力容器に海水を注入した。一定の水位上昇は見られたが、その後停止した。弁の不具合と思われる。対策を練っている。建屋から水素を抜く方法を検討している。 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中
5号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中
6号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中

福島第二原子力発電所

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 炉心水位は安定している。冷温停止 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止

その他

不定期に周辺放射線レベルが突出する現象が確認されていますが、これは福島第一原発一号機の格納容器から定常的に蒸気を放出しているためと説明されています。風向きによってモニタリングポストが風下になればレベルが突出します。健康には問題がないレベルと説明されています。
福島第一原発三号機に関しては、一号機同様廃炉覚悟の海水注入を考えているようです。
福島第二原発の三基に関しても、まだ完全に押さえ込めていません。

雑感

爆発が起きうる現場で注水、電源接続に取り組んでいる皆さんには本当に頭が下がります。がんばれ!