福島第一第二原発まとめ

ニュースを聞いていて混乱してきたので、現在の状況をまとめてみました。ソースはYahooなどのニュースおよび東電のプレスリリースです。プレスリリースは一読をお奨めします。TVのニュースは専門家が出ていますが、キャスターが邪魔してきちんと聞けないと言った問題が起きているためストレスがたまります。安藤優子だまってろ。

福島第一原子力発電所

3号機の冷却機能回復に関しては、外部電源車の接続と外部ポンプ車からの注水の両面から同時に試みているとのこと。1号機の水素化学爆発に至った状況に比べると、打つ手はある模様です。

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 現在の状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失。水位が低下した。燃料棒が損傷していると思われる。水素の爆発により建屋の上半分が崩落 セシウム等が微量漏れている 注入した水量から言って、炉心の水位は十分だと考えられている 海水を格納容器に注入して冷却中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失。 注水中。炉心水位が低いが安定している 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 外部電力喪失により炉心冷却機能喪失。3月13日AM2:44頃高圧注水系が停止。 格納容器内の蒸気放出により、少量の放出が起きている。 冷却水の沸騰により炉心水位が低下しており、燃料棒が露出しはじめている 3月13日AM8:41格納容器内の蒸気放出を開始。電源確保と注水作業を試みている 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中
5号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中
6号機 停止 炉心の水位は安全上問題無いレベルを維持 定期検査により停止中

福島第二原子力発電所

原子炉 核分裂 被害 放射能漏れ 状況 作業 地震発生時の状況
1号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
2号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
3号機 停止 炉心水位は安定している。冷温停止 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止
4号機 停止 炉心水位は安定している。圧力制御室の温度が100度を超えている 格納容器の蒸気放出準備完了。冷却機能の復旧作業中 定格運転からタービンおよび原子炉が自動停止

雑感

原子力発電所は何重もの「封じ込め策」を高じているため、どこかが壊れても一挙に破局するわけではありません。今回の福島第一原発一号機の建屋爆発崩落などがその例です。ですので、「で、危ないの危なくないの?」といったYes/No式の答えを迫る性急な思考停止は正しい情報の伝達を妨げる危険な行為です。避難は自治体の指示に従ってください。