物欲二題

必要でも何でもないのに、ただ、ほしい。それを物欲と呼ぶならば、私には二つほどここ十数年とらわれている物欲があります。

Curta Calcurator

リヒテンシュタインのCurta社が開発した携帯型機械式計算機です。日本ではタイガー計算機や日本計算機の卓上手回し計算機が広く使われましたが、Curtaのそれは、形も大きさも茶筒という衝撃的な形をしています。そのユニークな作りといい、質感のよい仕上げといい、持ってみたいと思わずにはいられません。実はebayで狙っていた時期があったのですが、Scientific American誌で取り上げられてどかんと値上がりしてしまいました。
今でも貯金して買おうかなと思っています。

ATOMOS

イスラエルに出張していた頃、経由地のチューリッヒで見かけて一目で心を奪われたのがATOMOSの機械式時計です。完全密閉した太鼓状の缶を内部に持っており、その太鼓の皮に当たる部分が周囲温度に合わせて出っ張ったり引っ込んだりします。ATOMOSはその動きでバネを巻いて動作するという、驚くべき時計なのです。太陽電池も無く、風車も水車もないのに動き続けるという事実が妙に見るものの心を打ちます。
これは…ほしいけどちょっと分不相応だなぁ。