UbuntuのUSBメモリブートには、UNetbootin

Ubuntu 10.04 LTSのインストールCDは、よく知られているようにそのまま1CD Linuxで動作します。以前からこのCDブートを改良してUSBメモリブートにする方法がいろいろ提案されていましたが、今回UNetbootinという非常に便利なアプリケーションを使うことで、簡単にできることがわかりました。

UNetbootinはいろいろなLinuxディストリビューションのCDから、ブート可能なUSBメモリを作るためのツールで、LinuxおよびWindowsで動作します。必要なものはUNetbootinと、Ubuntu 10.04 LTSのISOイメージです。ISOイメージは展開する必要はありません。UNetbootinが勝手に展開してくれます。結局、数クリックでUbuntu 10.04 LTS ブートUSBメモリができあがります。
できあがったUSBメモリには次のような特徴があります。

インストールCDからブートすると、インストールするか、インストールなしにお試しするか問われますが、UNetbootinが作るブートメモリは問答無用におためし状態になります。Ubuntu 10.04 LTSはお試し起動した状態からダブルクリック一回だけでインストールを開始できますので、これで十分です。
USBメモリからのインストールはCDからのインストールと異なり、非常に高速です。UbuntuのインストールにはCDを焼かずにUNetbootinを使ってUSBメモリから行うことをおすすめします。