先生!質問があります

また生物宇宙起源説ですか。

国立天文台などの国際研究チームは6日、地球上の生命の素材となるアミノ酸が宇宙から飛来したとする説を裏付ける有力な証拠を発見したと発表した。

こちらのページの研究ですね。

本観測結果は、オリオン大星雲のような大質量星が生まれる領域に広がる円偏光に、原始太陽系星雲がさらされた結果、地球上の生命の素となるアミノ酸が「左型」になったことを示唆しています。

うーん。
先生、素人から質問があります。

  • 本研究は「宇宙からアミノ酸がもたらされたので偏っているのではないか」と主張するわけですが、それは宇宙からのアミノ酸が地球産のアミノ酸の量を圧倒したと主張していると考えていいでしょうか。
    • もしそうなら、その根拠を知りたいです。
    • もしそうじゃないなら……そんなことは主張してないですよね。

なんでしょう。「宇宙空間の特定領域のアミノ酸は偏っている可能性がある」というのならわかるのですが。
地球上のアミノ酸の偏りについても私には素朴な疑問がありまして、

当初雷や噴火などの物理現象から作り出されたアミノ酸にはカイラリティに統計的な偏りがなかった。しかし、地球上のアミノ酸のほとんどが生物由来になった結果、アミノ酸には偏りができた。

って解釈じゃだめなんですかね。そりゃ当初は左巻きアミノ酸による原始生物と右巻きアミノ酸による原始生物がいたかもしれません。その両者はH,C,N,Oの奪い合いをしながら自分たちの生態系でだけ利用可能なカイラリティを持つアミノ酸を生産し続けたわけで、結局は片方が他方を圧倒しただけだと思うのですが。周りが利用不可能なカイラリティだらけになったら、食物連鎖が崩壊して一挙に死滅するしかないですよね。

どうでもいいことを思いついた

もし、地球が異なるカイラリティの知的生物を同時に生み出していたら…

食えない奴だ

の意味が違っていたかもしれません。戦闘妖(ry