Ubuntu 9.10 / Eclipse 3.5 / CDT

以下、組み込み限定の話です。
Ubuntu 9.10リリース前からEclipseを使ったARMアプリケーション開発*1環境を構築して試していましたが、どうにもすっきりしません。あれこれ試した結果、しばらくUbuntu 9.10とEclipse 3.5は使わないことにしました。以下、試した結果を表で示します。

Ubuntu Eclipse gdb コメント
9.10 3.5 sr1 arm-none-eabi-gdb 普通に起動するとボタンが効かなくなる*2。OpenOCDへの接続が異常に遅い
9.10 3.5 (repositry) - CDTをインストール出来ない
9.10 3.4 sr2 - インストール後起動に失敗する
9.10 コマンドライン arm-none-eabi-gdb
9.10 コマンドライン arm-none-eabi-gdbtui
9.04 3.5 sr1 arm-none-eabi-gdb OpenOCDへの接続が異常に遅い
9.04 3.4 sr2 arm-none-eabi-gdb
  • armのgdbはCodesourcery 2009q1-161のもの(6.8.50)
  • 「CDTのインストール」とは、"Hardware Debugging"機能のインストールを含む
  • 断ってない限り、EclipseEclipse.orgからダウンロードしてインストールしている

実験結果はここ一週間くらいに渡って行ったものです。その時点でubuntuは最新のアップデートをかけていますが、今日の時点での最新ではありません。
コマンドライン・デバッガは問題無く起動し、ターゲットCPUに接続出来ます。つまり、OpenOCDへの接続が遅いというのはEclipse 3.5の問題でしょう。さらに、Ubuntu 9.10自体にもEclipse 3.5のボタンが効かなくなるとか、パッケージされているEclipse 3.5でCDTが使えないとか、Eclipse 3.4が起動出来ないという問題があります。
当面、Ubuntu 9.04 + Eclipse 3.4 sr2で行くことにしました。

*1:TOPPERS/JSP for LPC2388

*2:ボタン問題の解決策は id:suikan:20091101:1257041852参照