47 グラスホッパー

グラスホッパー (角川文庫)

グラスホッパー (角川文庫)

智恵子抄で「何か書きたいのですが、書けません」ということを無言で表現してしまったため、さすがにこの小説で無言を貫くことは出来ません。一貫性を失います。
まぁ、なんというか。全編サンドペーパーみたいに心を荒削りする小説でした。文体や構成には何の不安も持たずに読めましたが、内容が徹頭徹尾ぎすぎすしているため、気持ちが弱っているときに読むと、一層気分が悪くなります。
可もなく不可もなし。