46 狼と香辛料

本屋でよくひら積みされている本。

狼と香辛料 (電撃文庫)

狼と香辛料 (電撃文庫)

作者のデビュー作らしいです。確かに文体はぎごちないし、ストーリーもご都合主義で類型的かな。ところで、著者の名字「支倉」を分解するとイラストレータの名前「文倉十」になります。同一人物かと思ったのですが、違うようです。