そんなに有名なのか

昼飯行くぞーと連れ立って歩いているとき、前の2人がギャーギャー言い始めました。部屋で一番頭のいい2人です。
「酔漢さん、ちょっと聞くが、"THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY"を見たことがあるか」
おいおいおい、マジですか。そんなMust Itemなんですか?
「先月読んだよ」
聞いた方の目がギランと輝き、捕虜の品定めをする人食い族みたいな笑みを浮かべます。
「どうだった?」
「笑えたねぇ」
ほーらみろ、えー、信じられねぇと2人。
「それぞれの話より、この話書いた奴の頭を想像しただけで笑えたよ」
「わかんねー、あの話の何が面白いの」
「わかんねー、あの話でなぜ笑えねぇんだ」
と、それからは42とか惑星規模の知性とかデントアーサーデントとかいう話が飛び交ったのでした。
「ところで、酔漢さん、日本人はイギリスのテレビ番組を見るの?」
と、食事中に質問が。
「みるよ。有名なサンダーバードとか」
「古っ」