骨折り損…でもない一日

先週あっさりとカワセミの写真が撮れたので、今週も出向いていきました。今日はシャッターを押すときのブレをなくす新兵器を投入です。なんてつつましい新兵器。
さて、そのカワセミ写真。

Vixen MC-90L, Vixen Pr30mm, SONY DSC-W5
馬鹿には見えないカワセミです(嘘)。1時間強粘っていましたが来ませんでした。で、そうするうちに背後の木の上がにぎやかになってきました。望遠鏡を向けると緑のきれいな鳥が見えます。こういうとき、MC-90Lは便利です。ミラーを下ろすと眼視用の20mmアイピースに切り替わり、60倍正立望遠鏡に早変わりします。
肉眼で捉えた後、カメラに切り替えますが、今度はLCDが見づらく、もたつきます。焦点を合わす間に逃げられてしまいました。やけくそでシャッターボタンを押したのが下の一枚。写っていないと思っていた鳥が写っています。

後ろに居たんですねぇ。LCDからはまったくわかりませんでした。今度はLCDフードを作ろう。肉眼での印象からすると、ノジコかアオジです。
結局鳥写真の収穫はなく、むしゃくしゃしてつい撮った花の写真。

60倍肉眼だとおしべまできっちりと見ることができます。
さて、帰宅の途中、道の横の木からギーという、正直言ってあまり美しからぬ声が聞こえてきました。灰色っぽい背中に白いまだらがある鳥がいました。どうやらコゲラだったようです。とっさで写真は撮れませんでした。吐血。