バトルフィールド

Windows Vistaの導入とハードウェアのアップグレードを同時に行ったこと自体、無謀だったわけですが、正直いって驚いています。これほど障壁が高かったとは。
作業開始から今夜で48時間。かつてこれだけてこづったことはありませんでした。最悪の事態としてHDDに問題があることまで考えましたが、今横で走っているCHKDSKの中間結果を見る限り、その心配はなさそうです。と、いうことは、やはり非互換のソフトが問題を起こしているのでしょう。ゲイツサードパーティー製のドライバをくそみそにけなす理由がわからないでもありません。
さて、現在までわかっている我が家の非互換ソフト

BHA B's GOLD 7 BASIC
古すぎます。メーカーはGOLD 7 BASICでVista対応を謳っていますので、これを注文しました。
もなみソフト
blackfin:keyword:PizzaFactory">PizzaFactory 3.1.1 Express:核になっているEclipse 3.2がVista非対応なので、必然的に非対応とのこと。仮想マシン上で動かす予定です。
IBM Homepage Builder 9
これもメーカーはVer 11でのVista対応を謳っています。仮想マシン上で動かす予定です。
EDIROL UA-101
こりゃいたい。メーカーからはVista対応ドライバが出ており、ネットでも動作した旨記事が発表されています。あるいはAMD690のサウスブリッジとの互換性に問題があるのかもしれません。それともほかにインストールしたソフトとぶつかっているのでしょうか。VIAのUSBチップでもきちんと動作しませんでした。メーカーに問い合わせます。(追記:動作しましたid:suikan:20070416:1176727029)

そういうわけで、まだまだ完了には道遠いようです。いつまでもこればかりはやってられませんので、あとはPentaxのユーティリティを入れたら終わりにします。