ゲーム脳批判キター!

背景には、「ある種の脳ブーム」に見られるように、必ずしも正しい情報が一般に行き渡っていない現状がある。研究者自身も情報発信に対する姿勢を反省しつつ、信用されるような研究者集団であることを目指し、閉じた研究会ではなく、大きく踏み出して広い分野との共同研究を進めていきたいという。

あとで書くかも。