ミミズと聞いて私がやってきました

近所の家が春の草むしりをやっていました。遠目に女性3人でしょうか。家人が「きゃーミミズ!」という声を聞いたとか。引き取りにいけばよかったです。我が家の生物学的に貧困な土壌にミミズを!
それはともかく、サカタのタネが売っている「バイオエース」という肥料があります。植物の葉や茎を微生物で処理した完熟肥料と言う売込みです。腐葉土と違って完熟しているので

  • 虫が付かない
  • すぐ肥料として効く

という特徴があります。で、この肥料の注意書きには、土壌に混ぜたら2~3週間ほど発熱するので他の植物を植えるな。と言う下りがあります。微生物が生きているのでしょうか。別商品の「バイオ21」は、腐葉土に混ぜておくと完熟肥料になるというバイオエースの微生物そのものです。もし、バイオエースにこの微生物が残っていれば、同じことが出来るかもしれません。ということで試してみることにしました。

100円ショップで買った6Lのバケツに8分ほどむしった草を入れました。二つかみほどバイオエースをかけて、一掴みの土をかけ、水で湿らせます。
むしった草をごみとして出すことに抵抗を感じているので、これがうまく行くとうれしいです。