借りてきた

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))

のだめカンタービレ(1) (講談社コミックスキス (368巻))

一時期、どのBlogを読んでもどこかにこの本のことが書いてあるような状態でしたが、まだブームは続いているのでしょうか。先週末、業務時間後に顕微鏡を覗いているときに「酔漢さん、こんな本読みます?」と女の子に見せられ、知っていると答えたら袋一杯に持ってきました。通勤大変だったろうに。
さて、一巻目ですのでさしたる感想はありません。いまのところギャグ漫画として受け取ってますが、正しいかな。自分が「紫のバラの人」で笑えるおやじになったことはハッキリとわかりましたけどね。