海外旅行のお供に

堀江貴文氏が逮捕されたとき、「(拘置所では)インターネット使えないの?」と聞いたとしてテレビで嘲笑されていました*1。しかし私が違和感を感じたのは発言ではなく笑っている人たちに対してで、ネット/PCべったりの私はかなり現実離れしてるかなと思った次第。
さて2年前、家人用に中古PCを購入して渡米したわけですが、そのとき心配だったのが「壊れたらどうしよう」ということです。私とちがって仕事のない家人は暇だし。車もないし、そのとき知る由もないとはいえ、散歩するには寒すぎたし*2。ネットにつながらないとかわいそうでしょ。でも、半年限りの渡米なので買いなおすのもあほらしいし。中古となるといつディスクが壊れるかわからないので内心ひやひやモノでした。
そのときは選択肢に挙げませんでしたが、今なら間違いなくKnoppixのCDを一枚持っていきます。Knoppixは数年前から流行りだした1CD Linuxの大物で、次のような特徴があります。

とまぁ、かなり使いでのあるシステムが無料(しかも広告無し)で使えるという実にありがたいシステムです。これならハードディスクが壊れても大丈夫。
Windowsしか使い方を知らない」
と言う方でも、写真を見てもらえばわかりますが違和感なく使うことが出来ます。いざ、システムが起動しない!という緊急時にCDを突っ込んでブートするだけで日本語環境が出来上がるのですから、使わない手はありません。しかも無料なので、必要なのは空のCD-ROM一枚のお金だけ。お試しも気軽なものです。
そういうわけで、姐さんに限らず、海外に渡航する方は是非一枚持っていくことをお勧めします。

*1:実際に報じたのは新聞で、笑っていたのは「報道」と称する朗読番組

*2:零下20度までいった