Ubuntu

Thinkpad x220にUbuntu 16.04をbcache付きでインストール

昨年入手した中古Thinkpad x220にUbuntu 16.04をインストールしました。インストール自体は中古で入手したときに行っていましたが、今回は一旦ご破算にしたのちにbcache付きで導入しています。 wakimiunten.hatenablog.com 割りと煩雑な手続きだったので、メ…

11.10 betaをインストールしてみた

Ubuntuには、二つのメジャーリリースがあります。 半年ごとにリリースされる版と、2年ごとにリリースされるLTS版です。一般の版のサポート期間が18ヶ月であるのに対して、LTS( Long Term Support )版は36ヶ月の間サポートを受けられます。無償サポート…

Ubuntu 11.04リリース

Ubuntu 10.04 LTSから 12.04 LTSへの折り返し地点となる、Ubuntu 11.04が正式にリリースされました。 日常的にはLTSしか使わない事にしているのですが、何が起きているか知るためにつつき回しています。 USBメモリからライブCD起動 以前紹介したUNetbootinを…

BIOS時計のタイムゾーンにご注意

Ubuntu 10.04は、インストール時の環境に応じて、BIOS時計のタイムゾーンを変更します*1。 他のOSがない場合にはBIOS時刻はUTC*2 他のOSが既にシステムにインストールされている場合には、BIOS時刻はローカルのタイムゾーン*3 2番目のケースは、例えばWindow…

コマンドラインからのアップデート

Ubuntuではセキュリティー対策などを施したアップデートを行うために、アップデート・マネージャーを使います。このGUIプログラムを使わずにコマンドラインからアップデートするには、以下のコマンドを実行します。 sudo apt-get update sudo apt-get upgrade

Linux PHCでCPU低電圧化

(以下の内容はPCを破損させる可能性のある云々以下略)。 先日のまとめエントリで指摘したとおり、Thinkpad x100eの一番大きな欠点の一つが、AMD Athlon Neo MV-40の発熱の大きさです。黙って使っているとキーボードは熱くなるわ、排気は火傷しそうに熱いわ…

UbuntuのUSBメモリブートには、UNetbootin

Ubuntu 10.04 LTSのインストールCDは、よく知られているようにそのまま1CD Linuxで動作します。以前からこのCDブートを改良してUSBメモリブートにする方法がいろいろ提案されていましたが、今回UNetbootinという非常に便利なアプリケーションを使うことで、…

PAEカーネルを試してみた

x86プロセッサにはPAE(Physical Address Extension)と呼ばれる機能が1995年のPentium Proから導入されています。この機能はアプリケーションのプログラミング・モデルを変えずにOSにわずかな変更を施すだけで64GBの物理アドレスに対応する機能です。いいかえ…

Ubuntu 32/64の空きメモリ状況

64bit版のUbuntuも動いたので、空きメモリを調べてみました。32bit版、64bit版でトータルメモリが1GBくらい違います。その分バッファやキャッシュに割り振っているようです。 Ubuntu 10.04 LTS 32bit takemasa@volta:~$ uname -a Linux volta 2.6.32-24-gene…

ようやくThinkPad x100eにUbuntu 10.04をインストールできた

いやもう、えらい苦労しました。 ネット上の情報では皆さんそれなりに問題を抱えつつもインストール自身はうまくいっているなか、どうして私のだけインストールできないのか。インストールが完了しても再起動中やログイン中にフリーズするのはなぜか。ずっと…

HDDのubuntuをCDからブートする

F6キーを押すとコマンドラインが現れるので、コマンドを入力する。/dev/sda7からブートする時には boot=/dev/sda7 root=/dev/sda7 Ubuntu 9.04で確認。

Inspiron 580s で Ubuntu 10.04

Ubuntu 10.04もリリースされたことですし、CDに焼いてブートしてみました。 あっさりうまくいくと思いきやDELL Inspiron 580sでブートしようとすると、ブート中に沈黙してしまいます。最初はフリーズかと思ったのですが、どうやらCDが途中で標準速になってし…

モデム接続がうまくいかないときの呪文

EMOBILEのD02NEをUbuntuから使っています。ちょっとてこずったのでメモ。 もともと、EMOBILEのデバイスをモデム利用する方法は情報も多く、それほど難しくありません。実際、CDブートでは問題なく使えていました。なのに、USBメモリにインストールしたUbuntu…

USBメモリでUbuntu稼働中

出張先に居ます. 今回から、オフの時間では会社のPCのOSではなくUSBメモリにインストールしたUbuntu Linux 8.04LTSを使って居ます.色々理由はあるのですが、ま、一番の理由はアクセスの痕跡を会社のPCに残したくないってことですかね.それほど変なサイトをア…

ubuntu linux 8.04 LTSをUSBメモリにインストール

ちょっと前からちょこちょこ挑戦していましたが、ようやくうまくいきました。参考にしたのは以下のサイトです。 独学Linux:Ubuntu 8.04をUSBメモリから起動する《その1》 - livedoor Blog(ブログ) インストール編。ポイントは2点です。 ブートローダー 何…

アップデートに失敗する

アップデートに失敗するときには、パッケージ管理でリポジトリ・サーバーを再設定すればいいとのこと。5、Ubuntu FAQ: アプリケーションのダウンロード&インストールがエラーになるおかげでうまくいきました。

Ubuntu 8.04 でネットワークが使えなくなった

ことの起こりは、C#で開発しているUSB経由のROM WriterのCVSに間違ってタグを打ってしまったことでした。 Windows上のEclipseからタグを消す操作をしたのですが、SourceforgeのCVSは一向にタグを消してくれません。仕方が無いので、Cygwinのコマンドラインか…

VMWaware 6.0.4上のUbuntu 8.04

快調に動いているかに見えたUbuntuですが、実は共有フォルダ機能が死んでいました。現在のVMware-toolboxでは対応していないとのこと。 ubuntuのフォーラムでパッチを発見して、何とか解決しました。

VMWare上のUbuntuのアップグレード

VMWare Workstation上で使っていたUbuntu 7.10を8.04にアップグレードしたところ、仮想マシンの画面が自動リサイズしなくなりました。もとのUbuntu 7.10は日本語版のVMWare用仮想マシンイメージでした。 いろいろ検索した結果、以下のコマンドをUbuntuの端末…

Ubuntu Linux

先日、Linuxについて書きましたが、ちょうどよくUbuntuの記事が書かれていました。 Ubuntuを巡って人々が延々と議論しているのは、デスクトップLinuxが、WindowsやMac OS Xと並ぶような、デスクトップOSとしての選択肢となりうるかという問いだ。 まだ使った…